手づくりのこと、こども達のこと、私のつぶやき…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
新年



あけましておめでとうございます。

年末はバタバタと過ごし、結局クリスマスの後は
ブログの更新も出来ないまま終わってしまいました。
新年は夫と乾杯をして
(って、缶チューハイをグラスにいっぱいずつですが…)
控えめに迎えました。




2008年はrikoも生まれ、我が家にとって嬉しい年となりました。
ちょうど去年の今頃、切迫流産で入院→自宅安静となり、
双方の実家や夫に助けられながら
「無事に生まれてきてね」
と、お腹の赤ちゃんに問いかけていたのを思い出します。
そんなことも忘れそうなくらい、rikoはすくすくと成長しています。

近頃は何にでも興味を持ち、目の前のものにはすぐに手を。
同じ頃のkouよりも動きが激しい気が…。
相変わらず右手をぶんぶん振り回し、
お兄ちゃんのおもちゃを握ろうとして
「やめろ!」
と怒られる。(もちろん、全くわかっておりません^^;)
「言ってもわからないのだから、近づけないようにしなさい」
と諭される兄。

rikoのことはかわいくて仕方がないのに変わりはないようですが、
kouの忍耐の日々がそろそろ始まりそう…。


*****


今年の春には、新しい家での生活が始まります。
新しい出会いを楽しみに、今までのご縁も大切にしながら
気持ち新たに過ごしていきたいと思います。

今年は新しいことにも挑戦するつもり!
(と、こちらで宣言して自分を奮起)
叱咤激励、お待ちしております(笑)。

このブログを通じて知り合えた方、
直接仲良くしていただいた方、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(もちろん、「はじめまして」もWellcome♪)

皆様にとって素晴らしい一年になりますよう!!

私のコト comments(6) trackbacks(0)
少しずつ
JUGEMテーマ:日記・一般

設計図

少しずつではあるけれど、新居のプランが進んでいます。
予想通り予算オーバーゆえ、譲れるところとそうでないところの
兼ね合いを考えている段階です。

工務店には充実したキッズルームがあるため、
毎回数時間に及ぶ打ち合わせも、Kouは遊びながら待っていてくれます。
(逆に、「まだ、かえらない!」と文句を言うこともアリ)

毎週通っているので、Kouにとっては既に「勝手知ったる遊び場」です



続きを読む >>
私のコト comments(0) trackbacks(0)
花束

フランスで勉強をしている友人が一時帰国しました。
それを機に一同集合。
それぞれの予定が忙しくご無沙汰していたのですが、
久々にみんなで食事をしました。
誰も聞いてなかったのだけど、彼も一緒の登場に一同ビックリ。
幸せそうじゃないのぉ〜!

遅ればせながら誕生日プレゼントに…と、その時にもらった花束。



女性らしい色合いの素敵なお花です。

相変わらずあっという間に時間は過ぎ。
7月末にまたあちらへ戻ってしまうので、
それまでにもう一度…という話が上がっているのだけど、
私も行きたいな〜!

臨月に入って、Kouを連れて一人で出かけられるかっ?
…微妙です。
オットよ、助けておくれ〜。

私のコト comments(0) trackbacks(0)
『いのちを産む』
JUGEMテーマ:育児




Kouをとりあげてくださった先生の著書です。
ご自身が出産を経験された後に産科医を志し、
子育てをしながら医師の資格を取得し、現在に至る方です。

縁あってKouをこちらで産むことができ、
また二人目もお世話していただけるのは本当に幸せです。

自然なお産に対する先生の考え、
そして現在の産科医療に対する厳しい状況も書かれています。
掲載されている写真はお産の様子を数多く取られている方のもの。
優しい、きれいな写真たちです。

私も、Kouを産んだ時のことを思い出し何とも言えない気持ちに。
出産を経験したことのあるお母様、これから産みたいと思っている方に
何かしら訴えるものがあると思います。
(もちろんいろんな方に読んでいただきたいですが!)

思わずホロリとしている私に、Kouは
「おかあさん、だいじょうぶ?ないちゃってかわいそうだねぇ」
と心配してくれました。
Kou、ありがとねポロリ

こどもの成長とともに薄れていく、「無事に産まれてくれた」という
感謝の気持ちみたいなものがよみがえって来て、
初心に戻ると言うか、今目の前にいる可愛い我が子を
ギューっと抱きしめてしまった私でした。

+++

その10周年を記念したイベント「10年目の同窓会」が昨日、催されました。
750人が定員と言う会場は満員。
Kouは先生にとりあげていただいた1064番目の赤ちゃんだそうです。

どの家族もこども連れだし、仲良しのお友達にも会えてKouは大はしゃぎ。
お土産に手作りのオリジナルどら焼きをお土産にいただき、
楽しい一日を過ごしました。

私のコト comments(7) trackbacks(0)
改めて…新しい年
JUGEMテーマ:日記・一般


今日、産院へ行ってきました。
今年初の健診です。

結果、破水の検査でも異常は見られず、
「徐々に普通の生活に戻して行きましょう」との先生のお言葉
(ヤッター!)。
とは言え、以前エコーで怪しく見えた出血の影らしきものは
まだ完全には消えておらず、全く心配ないと言うことではないのですが。
でも、散歩も「ゆるゆると」ならOKで、Kouとゆっくり散歩なら出来るかな。
夫は早速出張が入るそうで
「今週はまだそっち(実家)にいたら?」と言う提案。
母の都合もあるので(車で送ってもらわねば帰れない)、
週の後半までお世話になり、家事復帰のリハビリも兼ねて
(そんなの必要かっ!?)
もう少しのんびりさせてもらおうと思いますポッ

ここでひとまず、皆さまへ「安静生活解除」
のお知らせをさせていただきます!

+++

今日は、健診の帰りに去年無くした運転免許の再交付をしに。
同じく再発行してもらったクレジットカードなども届き、
以前使っていた財布にそれらを収めました。
(財布の新調は許されなかった…ははは〜。)
少しずつ生活じみた「私の」お財布に戻りつつあります。

話は朝に戻りますが、今日は一月七日。
朝食に、母が七草粥を炊いてくれました。
ほんのり塩味のお粥は、つわりの私にとってそれはそれは優しく、
とても美味しく食べられました。
子供の頃は、卵の入ったおじやでないと美味しく感じられなかったのですが
(白いお粥はどうも糊のようで美味しいと思えなかった)、
それも年を取った証拠か…。
来年からは私も炊いてみよう。

そして、これを買ってきてくれました。

暗い中で撮ったし、他の鉢もおもいっきり写っているのでわかりにくいけど、
「南天」の木です。
実も付いてないので、さらにわかりにくい…。
私は知らなかったのですが、南天は「難を転じて福となす」と言う意味で
縁起物とされているそうです(これは常識!?だったらお恥ずかしい汗)。

姉は初詣のついでに(私自身はもちろんまだ行けてない)
私に厄除けのお守りをもらってきてくれました。
これも早速、お財布に。

小さなことだけれど、そうやって気にかけてもらえるのは
とっても幸せよつばのクローバーなこと。

なんだか、今日改めて、私の新しい年がやっと始まったという
すっきりした気持ち!
しばらくは無理をせず、のんびりと過ごしていこうと思います。
(と言いつつ、ミシンをいつ再開しようかと目論んでいる私)
私のコト comments(8) trackbacks(0)
もうひとつ (長文です…)
前回のブログを更新した翌日の23日、
我が家にまた事件(?)が起きてしまいました。
私の入院です(2泊3日ですが)。
長〜い話になりますので、気の向いた方だけ読み進めてくださいませ。
(「血」の表現もありますので苦手な方はお避け下さい…)
続きを読む >>
私のコト comments(10) trackbacks(0)
自己嫌悪です
1週間前、失くし物をしました。
腕時計です。
最近、留め金がゆるくなっていたのですが、まさか落とすなんて…。
しかもそれは、結婚前に、結納など形式的なことはしなかった
私達夫婦の婚約指輪代わりにと購入したものでした。
私にとっては高価なものであると同時に、記念の大切なもの。
気づいた時は「嘘でしょ!?」と…。
でも、どこで落としたかも全く覚えていないのです、ホントに。
気づいたその場で慌てて車を停めた駐車場まで戻ってくれた夫。
でも、残念ながら車の中にもありませんでした。
とりあえず近くの交番へ届けを。
良心ある人に拾ってもらえることを祈りつつ…。

それでも夫は「済んだことだから仕方ないよ」と
私に向かって腹を立てたりしませんでした。
…感謝(涙)。
そして、その帰りに「新しい時計を買ったら」と提案してくれた(!)。
私は今は仕事をしていないし、必需品ではないし…と言ったけれど、
「今後一生時計を買わないわけじゃないだろ?これから子供も大きくなれば
出費も増えるだろうし、今買えないことはないんだから買いなよ」と。

確かに、今後一生買わないことはないと思います。
それに、いい時計は大切に使えば一生もの
(その「一生もの」を失くした私ですが…)。
今回は夫の優しい気持ちに甘えて、
思い切って買ってもらうことにしました。

今日、早速新しい時計を見に以前購入したのと同じお店へ。
時計が欲しいと言っていた義母も誘って一緒に。
 −義母に私の「失態」を白状したところ、
  「そうよ、いいって言うんだから買える時に買っちゃいなさい!
  私だってダイヤの指輪失くしたことあるわっ」と^^;。
  その言葉にも救われました〜。

結局、二人揃って時計をお買い上げ。
「ありがとう。大事にするね」と感謝をしつつ、帰り道に寄ったコンビニ。
そこの駐車場でなんと、今度は財布を落とす…。
30分後に気づき、まずはカード類を止め立ち寄ったコンビニへ連絡。
届けはありません。
そして、とりあえずは交番へ遺失物届けを。

2週連続で大事なものを失くしてしまいました…。
2度とも自分の不注意。
本当に本当に自己嫌悪です。
「仕方ない、次から気をつけようぜ」と私を責めない夫と、
「確かに良いことじゃないけれど、
 事故などで怪我をするよりもいいじゃない」
と言ってくれた義母に、本当に感謝です。

そして、バタバタしている私を待っていてくれたKou。
帰った私の顔を見るなり
「おかあさん、コンビニにおさいふあった?」と心配してくれました。
涙が出そうだったポロリ

幸いなことに、お財布には高額の現金は入っておらず、
カードや免許証類の再発行の手間だけで済みそうです。
お店のポイントカードは諦めよう…(どうでもいいっ!?)

私のおっちょこちょいも、ここまでくるとただのバカ。
何でこんなに不注意なんだろう。
いったい何をやっているのでしょう。
本当に落ち込みました。
これからは注意しすぎなくらい注意して過ごします。

優しい家族に囲まれていることに感謝です(涙・涙)。
私のコト comments(10) trackbacks(0)
うーーーん
買い物帰り、自転車に乗せようとしたKouが
私の話を聞かずに道路でふらふらしていたので一喝。
すると、大声で泣く…。
Kouの場合、一喝して泣き出すことはそんなに珍しいことではありません。
(他のお子様はどうなんでしょう!?)
それに泣くとますます私の話に耳を傾けてくれなくなるので、
そのまま自転車で走り出しました。

年配の女性の横を通り過ぎたその時、
「黙らせな」
と声が。
「??」
と思って振り向くともう一度、
「うるさいから黙らせな」
と。
見かけは普通のおばあちゃん。
歩きながら私に言うのです。

確かにKouは声を上げて泣いていましたが(嘘泣きに近い…)
子供の声なんてたかが知れています。
泣きはじめてから1分も過ぎてない。
それにそこは密室でもなく。
駅前で電車の音だってしています。
バス停だってある。
Kouの声だけがそんなに大きく響いていたとは思えない。

私もイライラしていたのかもしれないけれど、
その言葉を聞いた途端「ブチっ!」。
「そんなに迷惑をかけているとは思えませんが。
 あなたのお子さんは一度も泣いたことがないんですか!?」
と、思わず返してしまいました。
(今考えてみれば、そのおばあさんにお子さんがいるかも
 わから無い訳ですが…。)
おばあさんは答えずに「うるさいんだよ」と繰り返すのみ。
きっと私がそんな言葉を返しても、
そのおばあさんは「うるさい」としか思わなかったのでしょう。
表情ひとつ変わりませんでした。

冷静になってみれば、子供の声が耳に触る方も
いらっしゃるかもしれないと思いました。
でも、突然のその言い方にとても驚きました。
気分も悪かったけれど、悲しくもありました。

外で子供が泣いてしまった場合、
他のお母さん方はどうしているのでしょう?
泣くような叱り方をした私が悪かったのかな?
でも、危ない時はビシッと言わなければ、と私は思っているし
放っておいたらKouはホントに車にぶつかるかも知れない。
3歳も近くなれば「いけない」「危ない」はわかってきますよね。

叱らなければ叱らないで「近頃の母親はちゃんと叱らない」
とか言われてしまうのかな…?

難しいです。
なんだかやるせなくてとりとめもなく書いてしまいました。
私のコト comments(4) trackbacks(0)
はじめまして

気持ち新たに、ブログを始めます。

新しい発見&出会いを楽しみに♪
どうぞよろしくお願いします!

私のコト comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |